病院

歩くときに痛みや痺れを感じたら腰部脊柱管狭窄症の可能性がある

抗がん剤と併用した治療

病院

池袋クリニックでは、抗がん剤を使用しての化学療法にくわえ、細胞免疫療法の併用をすすめています。それは抗がん剤による副作用を抑えるための効果が期待できるからです。がん患者の回復を第一に考えて治療を行なう信頼できるクリニックです。

詳細を読む

適切な治療を受ける

カウンセリング

神戸市内の整形外科で治療を受けたいときには、通院に便利な地元のクリニックや、専門的な治療が受けられる病院を選ぶのがポイントです。診察と検査を通じて適切な治療を受けることが可能であり、人工関節置換術やアスリート向けの治療に力を入れる医療機関も選べるでしょう。

詳細を読む

膵臓の腫瘍に関する要点

聴診器

すい臓がんは、膵臓が奥深い部位にあることから、検査自体が困難で、症状が出にくいため、早期発見が難儀ながんといえます。早い段階で見つけにくい要因は 、自分で気付く症状が現れず、加えて特徴的な症状がないからです。とくに背中の痛みがある場合は要注意です。

詳細を読む

歩けないのは病気が原因

医者

神経を圧迫する病気です

歩くのがしんどくなるのは、年齢のせいだと考える方も多くいますが、その症状に実は病気が隠れているのかもしれません。背骨のなかには、神経や血管がとおっている空間があります。この空間が何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫して腰痛や痺れを引き起こすことを腰部脊柱管狭窄症といいます。年齢に関係なく発症しますが、特に60から70歳代に多く発症する傾向があります。腰部脊柱管狭窄症を引き起こす原因は、大きくわけて2つあります。一つは、生まれつき神経や血管がとおっている空間が狭いことです。もう一つは、加齢や椎間板ヘルニアなどの要因で空間が狭くなることです。神経が圧迫される場所によって、痛みや痺れの症状も変わってきます。

痛みと緩和を繰り返す

腰部脊柱管狭窄症が発症すると、歩いているうちに、次第に下半身に痺れや痛みがでて、歩き続けることが難しくなります。しばらく休むと、再び歩けるようになります。痛みと緩和を繰り返すのが、腰部脊柱管狭窄症の代表的な特徴です。歩き続ける時間は、人によって違いますが、年齢のせいで歩けなくなったと思い込まずに、医療機関に相談することが大切です。腰部脊柱管狭窄症は、腰を反らせた状態や伸びた状態では痛みが強くなるので、手押し車やカートなど「前かがみ」になると痛みが楽になる特徴があります。これは、前かがみになることで、神経の圧迫が和らぐからです。医療機関でレントゲンやCT検査、MRI検査を行うと腰部脊柱管狭窄症の確認をすることができます。