抗がん剤と併用した治療|歩くときに痛みや痺れを感じたら腰部脊柱管狭窄症の可能性がある
ドクター

歩くときに痛みや痺れを感じたら腰部脊柱管狭窄症の可能性がある

抗がん剤と併用した治療

病院

がん治療には、最近注目されている免疫細胞療法があります。池袋クリニックではこの最先端の治療方法を用いり、がん患者さんの治療を行なっています。医療法人輝鳳会という、がんに特化した医療法人に所属する池袋クリニックでは、がん治療に広く用いられる抗がん剤を使用した治療方法とあわせて、免疫細胞療法を併用することをすすめています。進行性のがんと診断された患者さんで、抗がん剤治療をしている人や、検討されている人に抗がん剤治療とナチュラルキラー細胞療法との併用は欠かせないものだからです。ナチュラルキラー細胞療法とは、患者さんの体内に存在するナチュラルキラー細胞というリンパ球の一種で、ウイルスは勿論のことがん細胞などの異物を攻撃、消滅させる威力を持った細胞です。そのナチュラルキラー細胞を、がん患者さんから摂取した血液から取り出し、培養そして体内に戻すことで患者さん自身の免疫力を高める治療が可能なのです。

抗がん剤治療は、全身に転移したがんの治療にも有効とされています。移転する前のがん細胞は池袋クリニックで手術を行なうことで取り除くことができますが、転移したがんには手術が行なえません。そこで使用されるのが抗がん剤なのですが、抗がん剤には個人差はあるものの、副作用が出ることがあります。その副作用を抑えるために、がん患者さんの免疫力を高める効果のある細胞免疫療法を併用することを、池袋クリニックではすすめているのです。池袋クリニックでは第一に、がん患者さんの回復を考え治療をしてくれる病院です。